So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪W選挙2015 結果は市長・知事とも大阪維新【私は残念】 [政治]

大阪府知事・市長W選挙が大阪維新の会の2人の勝利に終わりました。

ちなみに私は大阪府民。大阪府知事のシングル選挙でした。

この大阪府知事選挙、ちょっと不思議だったのが、このポスター。
府知事選2015.jpg
ニュースやネットでは確か候補者は3人だったはずなのに
ここには自民党の栗原、維新の松井二人しか貼り出されていませんでした。
私はこの2人以外に投票したかったのです。

理由は?
栗原、松井両候補とも、自分の組織の利害は考えているようでしたが、
府民のことはどこかそっちのけの感を感じたからです。

まず、大阪維新の会松井。
これには私自身は絶対に投票するつもりはありませんでした。

大阪都構想は住民投票で否決されたのだから、
それをまた持ち出すなんて、もってのほか。

しかも、この時の記者会見で「政治家は辞めます。」
ときっぱり言った橋下は政界を引退する気なんてサラサラない…。

日本最大の公約違反だと思っています。
だからです。今後も含めて投票するつもりはありません。

一方の自民党柳本&栗原(無所属)。
これまでの体たらくな政治が自分達への不信の原因なのに、
それを充分に反省しているとは思えませんでした。

だから、この2人に入れるのはいやでした。
府知事選2015-2.jpg

もう一人いたはずの立候補者。ポスターがないのだから、
立候補を取り下げたのかなと思っていました。

白票を投じるつもりで足を運んだ投票所。
そこではじめて、3人目の立候補者が「美馬幸則」
という名前だということがわかりました。

ポスターすら貼り出さない…。これでは勝負は既にわかってますよね…。

でも、白票よりはまし、と、美馬幸則に投票しました。

結果は残念でした。

でも、それ以上に残念なのは知事、
市長ともダブルで大阪維新の会に決まってしまったこと。

釈然としないものを感じている大阪市民・府民も多いはず。

もちろん、自民党側が仮に勝っていたとしても
釈然としなかったと思います。

彼らが都構想否決以来、何をしてきたかが正直わからないからです。

一番に考えてほしいのは府民市民のこと。
どちらも良い方向性を持っていないことを感じながら投票所に
いかなければならない気持ちを選挙に出た人にわかってほしいです。

候補者は、府民市民にそういう哀しい思いをさせないように
してほしいと、そう思う所です。。。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース