So-net無料ブログ作成

【離婚問題】ついに妻が攻勢に打って出てきた! [離婚・弁護士]

9月28日。
この日は妻の出勤日でした。

いつも通り7時に家を出ていく妻。

出ていったあと、子供を起こし、何気に
10月の保育園の行事予定が気になったので、
本棚の方を探すと、あるものが見つかりました。

たまたま見つけたそれは、
レガーレ法律事務所の森下という弁護士の名刺。

それから、2枚ほどの相談メモ、そして、
離婚調停を裁判所に申し込む申込用紙でした。
レガーレ法律.jpg
離婚を言い出してちょうど2か月。
遅まきながら初めて弁護士に相談に行った
様子でした。

心配していた「連れ去り」はしない様子です。

しかしこれは、妻が本気になったということ。

それと同時に、そのメモの内容から、
森下という弁護士が妻に何を話したか、
だいたいはっきりわかりました。

調停離婚のススメ」です。

ろくに話し合いもできていない段階で、
軽々しく「調停」を薦めるなんて、
なんという弁護士だ。

私の相談した弁護士は違いました。

親権をめぐる判決や結果にはいろいろあること
を説明してくれ、法律的背景も説明
してくれました。

そのうえで最後に言った言葉が、

「まだ、お互い話し合いを尽くせていない
状況のようです。出し尽くした段階でまた、
ご相談ください。」

でした。
この森下という弁護士は妻にちゃんとそれを
伝えたのでしょうか・・・。

案の定、妻はその日の晩、離婚調停の話を
もちかけてきました。

やっぱり弁護士にもピンキリがあるもんだ!
困った弁護士だね。
そんな弁護士にそそのかされる妻も妻・・・。

攻勢に打って出てきた妻。
でも私は、決めていました。
調停や裁判には持ち込まない・・・。


(注)私にとってはにっくき弁護士でしたので
名刺画像をでかでかと出させていただきました。
ただし、この弁護士の人となり、社会的信用、
業界内での評価などは、私個人が感じている
ものとは実際には異なるであろうことを
申し上げておきます。
決してこれらを傷つけるための出稿では
ないことを申し上げます。



スポンサーリンク




タグ:離婚 弁護士
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。