So-net無料ブログ作成

三菱東京UFJ銀行で口座を作れない?あまりの対応の悪さ!何?! [社会現象]

今日、朝1時間だけ会社を休んで銀行に行きました。
新しく口座を作りたいと思ったからです。

通勤経路の途中駅近くの三菱東京UFJ銀行

新規口座を開設するだけ。
印鑑と免許証があればすぐできるだろうと思いきや、
「ここはご自宅か勤務先の最寄店ですか?」

「いや、ちょっとわかりませんが・・・。」

「当行の別の支店の口座をお持ちですか?」

「え?」

もっていると答えると、
「特別な事情がない限り当行での口座開設はできません。」

「え?なぜですか?」

純粋にそうたずねると、理由は答えようとしません。
そして、

「事情がおありということですね。」

当然「はい。」と答えます。

すると、既に私のことをややこしい客だと判断した様子。
そこからあつかいがぞんざいになります。
彼らにとって私は既に客ではありませんでした。

私は何のことだかわかりません。
いちばん奥の窓口に通され、
そこに出てきたのは態度のキツい女店員。

ここからのやりとりで「お客さま」という単語は
一切出てきませんでした。
「今回、口座を作る理由は何ですか?」

「え?理由をこたえないと口座を作らせていただけないのですか?」
釈然としないので聞いてみると、ぶ然とした態度。
理由をこたえようとしません。(すでにめっちゃイヤなムード)

「お勤めの会社がうちの支店の口座を指定したなど、
特段の事情がないとお作りいただけません。理由は何ですか!」
さながら、犯罪者に接見する女検事のような冷たい態度。

釈然としないのを通り越して腹が立ちます。
それをぐっとこらえて、

「あらたに給与振込口座にするためです。
家計を整理しつつ、それを今後妻に管理してもらいます。」

・・・そう、来月から小遣い制になります。
なんでこんな哀しいことを銀鉱の窓口で言わにゃならんのだと
思いましたが・・・。

「そんな(くだらない)理由で!
口座などおつくりすることはできません!」

なに!このアマァ! と、思いましたが、
最後にもう一度「そこまで強く言う理由は何ですか」
と聞いてみました。

理由にならない理由でした。
「そういう決まりですから!」

こちらも、「あー、はいはい。時間がムダなんで。」
といって席を立ちました。
三菱東京UFJ銀行の最低の対応に、最低の気分でした。

犯罪者、または悪者の扱いです。
というか、犬をシッシッっと追い払うような・・・。

何も知らずに純粋に口座を作りに来た客に対する対応としては
あまりに適切さを欠いていたと言わざるをえません。

事情や理由を説明しようとはせず、
自分たちの都合をただおしつけようとするだけの対応。
それでいいのでしょうか。

銀行側の事情や理由をていねいに説明すれば、
理解するお客も多いはずです。
ただ、一部のお客さんは納得しないかもしれませんね。

でも、そこをご理解していただく努力をする。
それが本当の意味での仕事なのではないでしょうか。

このあとすぐ、近くの別の銀行に入ると、
すぐに口座を作ってくれました。

ただ、その銀行でも、
「ご自宅か、職場の最寄りの支店でないと
口座をおつくりいただけません。」と言われました。

でも、職場に近い支店の口座を、その場で作ってくれました。

銀行側としての事情や理由がないわけではないことは
何となくそれでわかりましたが・・・

でもそれを一切説明しようとせず、
犬を追い払うような態度をとられたことは、
侮辱を受けたような気持ちで、今でも腹が立ちます。

三菱東京UFJ銀行、
私はもう二度と取引きしたくないと思っています。

★追伸(おことわり)★
今回の記事は、私が実際に三菱東京UFJ銀行の窓口に行き、
店員から受けた対応と、私が思ったことを淡々と書きとめた、
事実です。

三菱東京UFJ銀行の営業を妨害する目的ではないこと、
あるいは第3者の誹謗中傷目的ではないことを
ご理解いただくようお願い申し上げます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。