So-net無料ブログ作成

また!?JR西日本新幹線車両で異音・異臭が再発する理由とは? [社会現象]

またですね。
こんどはのぞみ20号でしたっけ。
異音異臭騒ぎ。

テレビでやっていました。
JR西新幹線トラブル20180116.jpg
はっきりいいますが、新幹線
もう乗らない方がいいと
私は思います。

理由は簡単です。

車両(台車)の点検や検査が
ちゃんとされていないからです。

のぞみ34号の台車に亀裂が
見つかったのが昨年の12月11日
のことです。

あの次の日から、
「全ての台車を再点検します。」
といって点検するならまだしも・・・
JR西新幹線のぞみ34号台車亀裂
まったく点検も検査もやり直す
ことなく普通に運行
していますからね。

そりゃ再発もするでしょ。

12月11日当日ののぞみ34号を
なぜすぐに止めることができなかったの?

それも大きな問題なのですが、
そもそもなぜそんな亀裂になるまで
分からなかったの・・・?

その方がより本質的で大きな問題
だと思いませんか?

いったいどんな検査をしていたの?
ということです。

次の日から何もなかったかのように
通常運行しているのを見て、私は
「うわ、ヤバ!また起こるぞ。」

と思っていました。

案の定です。

車両の検査体制や検査の内容の見直し、
現有車両の再点検についてJR西日本は
何も言っていません。

このままだと、当然また異音や異臭は
再発するでしょう。

それだけでなく、何らかの走行障害や事故が
起こる可能性も高いと感じます。

新幹線は今、乗らない方がいいと思います。

でも、仕事や出張でどうしても乗る必要が
あるという人も多いことでしょう。

できるかどうかわからないのですが、
避ける方法をひとつ。

東海道山陽新幹線は、JR東海とJR西日本の
いわば共同運航です。

JR東海で管理している車両も、JR西の車両も
同じように走っています。

駅で切符を買う時に、「JR東海の車両にしてくれ」
「JR西の車両は乗りたくないのだが・・・」
というように申し出てみてください。

ひょっとしたら対応してくれる駅員も
いるかも知れません。

新幹線のその日の車両の運用予定は前もって
ほぼ決まっています。

ただ、車両の点検の結果急きょその予定を
変更することもあり、決まっているとはいえ
何とも言えません。

窓口に立つ駅員もそこまでリアルタイムな情報を
持ってはいませんから、限界はあると思います。

ですので、ダメ元というぐらいで
お願いしますね。

いま、多分飛行機の方が安全だと思いますよ。

どうしてもJR西の台車に不安を
感じるという方、別の移動手段の
ご検討を。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。