So-net無料ブログ作成
離婚・カウンセラー ブログトップ

【離婚問題】心理カウンセラーの、「まだ何も・・・」の一言 [離婚・カウンセラー]

以前の記事で、1度だけ妻をカウンセリング
連れて行ったお話をしました。
離婚の話が出る直前です。

そこに、先日の休みの日に私一人(と子供)で
足を運んだのです。

そこの心理カウンセラーさんには、
「なんとか家族3人で今後もやっていきたい」
と相談していたので。

「離婚することになってしまいました。」

とおわびに行こうと思ったのです。

カウンセリングルームに入り、冒頭にその
お話をしました。

すると、離婚するならするでそれはあなたたちが
決めたことだからとしながらも、

まだ何も、やれることをやっていない・・・。」

と、ボソリといいます。そして・・・

~~~~
奥さんに、子供と接するうえで問題を感じる言動 があるのなら、「なぜそんなことをするのか?」 をもっと考える・・・。 それが、「相手を理解する」ということでは ないでしょうか。 奥さんとあなたで、心の余裕がある側から先に、 少しずつ「行動」を変えていくのです。 自分が変われば、人間関係って、本当に劇的に 変わってきます。 それをまだ、あなたたちはスタートさせて いないのですよ・・・。
~~~~

確かに、そうだと思いました。でも、

「妻はキチガイ扱いされたと思っています。
だからここにはもう、来ないでしょう。」

「もし仮に妻がここに自分で足を運ぶような
ことがあれば、妻との関係が改善していく
可能性もあると思いますが・・・」

と、自分の思いと現状を述べると、

「あなただけでも、ここに、気が向いた時
だけでいいから来ませんか?」と。

「少しずつ自分を変えていきませんか?」

そういわれ、
「まぁ、そうですね、不定期でなら・・・。」
と答えました。

離婚後の自分を取り巻く人間関係が
今よりも少しでもプラスの方になるのなら、
という思いです。

「奥さんに、ボクはこれからもカウンセリングに
いくことにしたよ、という一言を伝えてください。」

「あなたが先に変わり始めれば、奥さんの方も、
私も・・・、という気持ちになっていくものです。
だから。」

そんなにうまくいくわけはないだろうと思いましたが、
「わかりました。できることはやっておきます。」
と答え、この日のカウンセリングは終わりました。

この数日後、妻にメールしました。

・・・あのカウンセリングのところ、おれ、 不定期だけど年に3、4回行くことにした。 まぁ、知ったこっちゃないか。 あそこは病気ではなく、性格を直すところだからね。 オレには必要だと思うわ。 離婚後の人生をよりよく生きるために必要だと 思うので・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
離婚・カウンセラー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。